亀山裕昭「宵」サムホール Kameyama Hiroaki
5ed7da8fcee9ea67c6cfceed 5ed7da8fcee9ea67c6cfceed 5ed7da8fcee9ea67c6cfceed 5ed7da8fcee9ea67c6cfceed 5ed7da8fcee9ea67c6cfceed 5ed7da8fcee9ea67c6cfceed

亀山裕昭「宵」サムホール Kameyama Hiroaki

¥132,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

作家: 亀山裕昭 Kameyama Hiroaki タイトル: 「宵」 作品サイズ: サムホール (15.8×22.7cm) 2020年制作 額縁サイズ: 35.2 × 28.6 cm (Picture frame size) ※パネルの厚みの関係でこちらはアクリルガラスは付いておりません。 支持体・材料: 木製パネル貼付した綿布に油彩 (Oil on cotton cloth with wooden panels) ● 亀山裕昭 略歴 1979年 宮城県石巻市生まれ 2004年 広島市立大学大学院芸術学研究科絵画専攻(油絵)修了 野田弘志に師事 現在 白日会会員 ●実家(石巻市渡波)の2000年ぐらいの風景です。 今現在は津波の被害で移転された母校の渡波(わたのは)中学校と復興住宅が建っているので、この宵かがりな光景はもうありません。 ●店主より どこにでもあるような、懐かしくもあるが必ずしも風光明媚な場所でない風景。 作者がその場所で感じた五感の記憶(音,匂い、湿気etc…) を、そこに暮らした人々の営みや痕跡の輪郭として表現している。 鑑賞者が持つ記憶の断片が作品を通じて甦り、想いを共有できたならばそれは作家の望外の喜びである。