守屋麻美「風神雷神〜百福」F20号 Moriya Asami
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

守屋麻美「風神雷神〜百福」F20号 Moriya Asami

¥418,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

作家: 守屋麻美 Moriya Asami タイトル: 「風神雷神〜百福」 作品サイズ: 60.6×72.7㎝ 支持体・材料: キャンバス・油彩・金箔 額縁が付きます。 画像をクリックすると全体をご覧いただけます。 ●作家コメント 江戸時代初期の画家「俵屋宗達」によって描かれた「風神雷神」。 風神は「風伯」とも呼ばれる「風を司る神」であり風雨をもたらす。雷神は「雷電様・雷公・鳴神」ともいわれ、雷をもたらす神である。 私が描く風神雷神は必ず一つ目が登場する。実際に私たちに付いている目は 2 つだが内面(心)で見ている目は 一つ。その一つ目は感情や気持ちを表している。 背景の赤い色の空は朝日、太陽が上がって来る場面である。風神雷神の足元や周りにある球体は人生の中で関わっていく人間関係で起こる物事や経験を表現した。生きていく中で困難や楽しいこと様々な体験をし、人は成長していく。タイトルに書かれている「百福」の意味は幸せに満ちている・たくさんの福である。たくさんの幸せ・福が訪れますようにという意味を込めました。 ■風神雷神のご利益 • 農業…大きな風を鎮め、雨をもたらし農作物の成長を促すご利益があります。 • 勝負…悪を追い払い、正々堂々とした成功を掴めるようなご利益があります。 • 自然…元々自然現象を神格化したものですので、自然災害から守るご利益があります。 • 健康…病気やケガから身を守り、健やかな生活ができるご利益があります。 • 事業成功…創造神から出生、出現したことから新たな始まりのご利益があります ● 守屋麻美 略歴 1991年 静岡県生まれ 2012年 女子美術大学短期大学部専攻科 修了 2018年 東京藝術大学大学院美術研究科 卒業 現在 独立美術協会 準会員 ●店主より 非現実の世界、怪異な形だがどこかリアリティのある生き物を描く。 テーマは「わたしの奇妙な生物(こども)たち」。海・山・・洞窟に生息しているが作家のイメージは宇宙のどこかの星である。その形や質感は日常接する動植物からイメージを昇華させる。 ゲームのキャラクターのようだがそれを創りだすための道具はキーボードやマウスではなく油絵具と筆である。 彼女の指先から生まれる気味が悪いがどこか愛らしい生物たちは今日も宇宙のどこかから地球を眺めている。